タグ:小川糸 ( 1 ) タグの人気記事

 

食堂かたつむり

a0030205_2339286.jpg食堂かたつむり

著者: 小川糸
出版社: ポプラ社
発行年月: 2008年01月

唐突に物語が始まり、淡々と時が流れ、しみじみと終わってゆく。
初めて出会うタイプの小説でした。

主人公が料理と人人とそして母親との関わりで自分を見つめ、大切なものや失ったあるものを取り戻すのです。
エルメスや熊さんをはじめとしたキャラクターも魅力的ですし、一つ一つのエピソードも面白い。
そして、少しさめたような、俯瞰で観ているような語り口に共感を覚えました。
自分のことのようにはまれたというのでしょうか。

主人公ほどではありませんが、私も料理をする時は他のことに比べて真摯に向き合っている気がします。
大抵の時には別のことを考えつつ行動している場合が多いのですが、料理をしている時には頭が空っぽになって、調理することだけにまっすぐ向かい合えます。
野菜を刻んでいる時が最たる瞬間。

自分も主人公・倫子のように捨ててはいけないもの、それを知りたい。
[PR]

by bara_aya | 2008-04-19 23:37 | Book