タグ:万城目学 ( 4 ) タグの人気記事

 

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

a0030205_19272569.jpgかのこちゃんとマドレーヌ夫人
ちくまプリマー新書
万城目学

顔がほころんでしまうのがとめられない、幸せの一冊。
心のやわらかな子供たち全員に読んでほしいです。
もちろん、大人だってきゅんします。
[PR]

by bara_aya | 2010-06-01 19:24 | Book  

プリンセス・トヨトミ

a0030205_004361.jpgプリンセス・トヨトミ

著者: 万城目学
出版社: 文藝春秋
発行年月: 2009年03月

ある、きっとあるよね“大阪国”!!
男も女も、少年も少女も愛しい人たちばかりが住む国。
かっこよい強かな愛すべき住民たちの国。

ああ、心から楽しい時間でした。
[PR]

by bara_aya | 2009-04-20 23:59 | Book  

ホルモー六景

a0030205_160945.jpgホルモー六景

著者: 万城目学
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
発行年月: 2007年11月

鴨川ホルモーを読んで5ヶ月。
やっと図書館での順番が来て、一気に読んでしまいました。

だって、楽しすぎるんですもの!
「うんうん」とうなづいちゃうような、くすぐったいような、せつないような、「おおっ」っと驚いちゃうような、笑っちゃうような、そして涙ぐんでしまうような、そんな“恋”の話。

嗚呼、ホルモーはつながっている、んですな。

とりあえず、「檸檬」読みます。
[PR]

by bara_aya | 2008-07-06 16:19 | Book  

鴨川ホルモー

a0030205_8271933.jpg鴨川ホルモー

著者: 万城目学
出版社: 産業編集センター
発行年月: 2006年04月

森実登美彦氏とどちらを先に読むか・・・・。
昨年悩んだことを思い出しました。
結局森実氏の本を手に取り、見事にはまったわけです。

んで、やっとこさの「鴨川ホルモー」。
軽快で読みやすい語り口にペースはどんどん上がり、最後まですぐに行き着く。
いやぁ、青い春ですね、青い!
こそばゆくなりました。
そして京都。ちょっと鎮火しかけた京都熱が煽られましたね。

私は例えば妖精とか神様とか、茶巾絞りの“オニ”なんかは基本的にいると思っている。
ただ悲しいかな、見る能力がない。
あるといいのになあ、“匂い”。
[PR]

by bara_aya | 2008-02-05 23:23 | Book