<   2006年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧

 

プライドと偏見

a0030205_20335850.jpgプライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE
(2005年 / イギリス )

監督: ジョー・ライト
出演: キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン ドナルド・サザーランド ブレンダ・ブレッシン ロザムンド・パイク ジュディ・デンチ サイモン・ウッズ ルパート・フレンド


これは当選した試写会に行けず、結局映画館にも足を運ぶことのなかった、後悔の一作。
それで、DVD化をとても楽しみにしていました。

観た後のなんというかロマンティック感とやったね!という達成感?が混ざった感じ・・・
あ~言い表せないのがもどかしいのですが、とにかく好きです。
もともとジェームズ・アイヴォリー作品などの18世紀あたりの英国の設定の映画が好きですしね。
キーラ・ナイトレイ演じるエリザベスの貧乏でも高い意志と金持ちに対する偏見や僻み・・・全て“プライド”からおこる感情で、彼女のそんなわだかまりが次第に解け、変化してゆく感情がとても伝わってきました。
ダーシーの叔母を演じるジュディ・ディンチの外面と良さと内面の高慢さとか、エリザベスの父親役のドナルド・サザーランドの演技もいいです。

ストーリーも出演者も私好み、ということですね。
[PR]

by bara_aya | 2006-06-30 20:29 | Movie/Play  

オレンジ党と黒い釜

a0030205_1323537.jpgオレンジ党と黒い釜

著者:天沢退二郎
出版社:ブッキング
発行年月: 2004年11月

このファンタジーは1978年に刊行それたもので、2004年に復刻されたファンタジーです。
また、子供の頃に読んでいればなぁ・・・と思う本に出会ってしまいました。
もちろん、今読んでも面白いのですが。

小さい頃読んだ童話で、また読み返したいものってたくさんありますよね。
当時から学校や市の図書館を多用していたので、手元にないのが悔やまれます。
シリーズものの途中までしか読んでなかったのもあるし・・・。

本にしろ、映画にしろ、欲求を満たすのは到底無理なようです。
1日が30時間だったらなぁ・・・・。
[PR]

by bara_aya | 2006-06-29 23:27 | Book  

容疑者 室井慎次

a0030205_0541333.jpg容疑者 室井慎次 (2005年 / 日本 )

監督: 君塚良一
出演: 柳葉敏郎 田中麗奈 哀川翔 八嶋智人 吹越満 佐野史郎 柄本明 真矢みき 筧利夫
「踊る・・・」シリーズを楽しんできた私としては期待大で臨みました。
・・・・ん~、ちょっと、もの足りなかったな。
ぐいぐい引っ張られる部分がなかったから仕方なし。

哀川翔よし!
[PR]

by bara_aya | 2006-06-28 23:58 | Movie/Play  

ナラタージュ

a0030205_0445950.jpgナラタージュ

著者:島本理生
出版社:角川書店
発行年月: 2005年02月

ちょうど映画検定のテキストに載っていた言葉、「ナラタージュ」。
ナレーションとモンタージュを合成した用語で、例えば、回想シーンで過去の映像に現在の立場からのナレーションがかさなるなど・・・・とのこと。
この小説はストーリーはもちろんのこと、主人公の泉の気持ちもそうやってすすめられていく。
片想いだからこその“ナラタージュ”である。
胸が痛い。
[PR]

by bara_aya | 2006-06-27 22:42 | Book  

ラベンダー

a0030205_0324255.jpgラベンダー 薫衣草
(2000年 / 香港 )

監督: イップ・カムハン
出演: ケリー・チャン 金城武 イーソン・チャン テレンス・イン ヴィンセント・コク

偶然に観る事になったのですが、意外に気に入りました。
金城武はもともと好きなんですが、
きりっとした感じよりもこういうトボけた感じにくすぐられます☆
ケリー・チャンがまたきつめな感じで、対比も良かった。

よくあるかもしれないストーリーけれど、好みの映画。
[PR]

by bara_aya | 2006-06-26 14:32 | Movie/Play  

映画検定 その3

a0030205_2503591.gifいよいよ当日である・・・。
数日前に書いた時に問題集に目を通して以来、何もしていない。
とりあうず行きの電車の中で再び問題集に目を通した。

そういえば、中学も高校も試験は一夜漬けというより“一朝漬け”もしくは“休み時間付け”で前持った勉強はしたことがほとんどない。
かっこよく言えば実力主義なのだ、えっへん。

それにしても、たくさん受験者いるいる。4級だけに若い人が多いが。
45分の試験は20分で終えた。
残り時間でわからない問題や迷った問題をメモし、帰ってからチェックしてみると一割は少なくとも間違えていた。(問題数は60問)
合格は“一定の基準を超えていたら”ということなので不安である。
1ヵ月後の発表が恐ろしい・・・・・(T∇T)

12月に第二回が実施されるようだ。
できれば3級を受けたいもの。それにはもっともっともっと映画を観ないとダメだけど・・・。

*****

帰りに、オツカレサマの意味をこめてpastelやゼリーを買った。
なかなか行く機会がなく、帰ってから味わったチーズプリンと石垣島ゼリーは
徹夜と移動と試験で疲れた私を癒してくれました。
[PR]

by bara_aya | 2006-06-25 14:57 | Movie/Play  

アカシア

a0030205_2344953.jpgアカシア

著者:辻仁成
出版社:文藝春秋
発行年月: 2005年09月

5編の短編と後書きに代えた1編を含めた一冊。
辻仁成はまったく興味が沸かなかったが、雑誌かなんかで薦められていて手にしてみた。

とても読み易く、決して悪くない、が、イマイチこころに入ってこない。
ドアのすぐ前まで来ているのにノックされない感じ。
ちょっとだけ違うところにいる人なのだなと思った。
[PR]

by bara_aya | 2006-06-25 05:31 | Book  

シン・シティ

a0030205_264789.jpgシン・シティ SIN CITY
(2005年 / アメリカ )

監督: ロバート・ロドリゲス&フランク・ミラー クエンティン・タランティーノ
出演: ブルース・ウィリス ミッキー・ローク クライヴ・オーウェン ジェシカ・アルバ ベニチオ・デル・トロ イライジャ・ウッド ジョシュ・ハートネット ブリタニー・マーフィー フランク・ミラー

今日は映画検定の日である。
朝起きられる自信がない私は昨日から準備?して今日は徹夜することにした。
で、DVDを観た。
シン・シティ」。映画館に行きそこねた映画だ。

はじめ、訳わかんね~と思って、何度か巻き戻してみた。
15分位しとから、面白くなってきた。
女のために戦う男の話で、アメコミらしい、しかしダークな映画だ。
こういう血が流れる映画も嫌いじゃない。特にモノクロのせいか気にならない。

印象の残るのはイライジャ・ウッドかなー。
あとジェシカ・アルバがかわいい。
にやけ男(ブルース・ウィリスをそう呼んでいる・・・)は今回許す!
[PR]

by bara_aya | 2006-06-25 02:06 | Movie/Play  

ギミー・ヘブン / GO!GO!ガジェット

a0030205_2333391.jpgギミー・ヘブン (2004年 / 日本 )

監督: 松浦徹
出演: 江口洋介 安藤政信 宮崎あおい 小島聖 鳥肌実 石田ゆり子 松田龍平

内容は“共感覚”という現象が鍵となるサスペンス・ミステリー。
ストーリーも出演者も私好みだったので、問題なし。
「アナザヘブン」とか「ナイトヘッド」とかなんかこんなのって好きだな。

あと「GO!GO!ガジェット」を録画して観た。感想は・・・・特にないな。
a0030205_1562068.jpgGO!GO!ガジェット INSPECTOR GADET
(1999年 / アメリカ )

監督: デビッド・ケロッグ
出演: マシュー・ブロデリック ルパート・エベレット ジョリー・フィッシャー ミシェール・トラクテンバーグ マイケル・G・ハガティ アンディ・ディック
[PR]

by bara_aya | 2006-06-24 18:32 | Movie/Play  

サヨナラcolor / 四日間の奇蹟

a0030205_2492986.jpgサヨナラ COLOR (2004年 / 日本 )

監督: 竹中直人
出演: 竹中直人 原田知世 段田安則 雅子 中島唱子 水田芙美子 内村光良 中島みゆき

a0030205_2494321.jpg四日間の奇蹟 (2005年 / 日本 )

監督: 佐々部清
出演: 吉岡秀隆 石田ゆり子 尾高杏奈 中越典子 松坂慶子 西田敏行

まず、「サヨナラcolor」は竹中直人監督作。
石井久子おばあちゃんの遺作としてワイドショーで大分流れていましたね。
彼の監督作を観たのははこれで3本目だと思うんですけど、女優がいい表情をするなって思います。(主役は本人だからねー)
今回の原田知代のたおやかさと強さとを併せ持った女性も素敵でした。

もう1本は「四日間の奇蹟」。
以前本を読んだときにいろんなところで進められているほどには面白くなかったし、
配役も原作からの想像とちょっとずれていたので、ずっと手を出さなかったんですが、
今回とうとう借りて観ました。
期待していなかったからこそなのでしょうか、良かったです。
原作を先に読んだものに関しては厳しくなる私の感想も、むしろ、私には映画のほうが良かったようです。

今日の2本はどちらも“死”というか“死に方”というか、そんなことを考えさせられました。
誰かの心に何かを残して逝きたいなー、と切に願います。
[PR]

by bara_aya | 2006-06-23 22:48 | Movie/Play